Issue 57

MEXICO
Food & Craft

[ ゲスト ]
井出恭子
( YAECA )

Order

「YAECA」井出恭子さんと、メキシコ・オアハカ州へ。食と民芸、つくることと生きることが近い街を歩く

今回の特集先は、古代遺跡や先住民の文化、自然豊かな神秘の国、メキシコ。「食」と「クラフト」をキーワードに、メキシコ・オアハカ州を訪ねました。旅のゲストは「YAECA」の井出恭子さん。井出さんとともに、古くから受け継がれてきた手仕事の工房を訪ね、多彩なオアハカの食を味わい、温かい人々に出会った思い出深い旅。この地で暮らすように過ごしたオアハカの特集です。

Editor’s Note

No.57 — MEXICO(2018)

古い魂が生きる、今という時間

文:ルーカス B.B.


メキシコ南部に位置するオアハカは、日本でいう奈良のような、国の文化の礎が築かれた土地。メスカル(アガベを原料とする酒)の産地であり、アレブリヘス(守護動物をモチーフにした木彫り)、チャプリネス(チリで味つけたバッタ)、テハテ(トウモロコシとカカオの飲み物)といった特有の文化がある。

オアハカにはユネスコの世界遺産でもある古代遺跡がある。ミトラ遺跡とモンテ・アルバン遺跡だ。グラフィカルな文様が描かれた壁、複雑な建築構造をもつミトラ遺跡は、モダンデザインや建築にも影響を与えた遺跡。モンテ・アルバン遺跡は、サッカー発祥の地との説もあるサポテコ族の遺跡で、紀元前700年頃に描かれた「踊る人」は、キース・ヘリングの作品にも影響を与えたともいわれている。

食や民芸に見られるオアハカの多様性とオリジナリティは、今でも多くの先住民が暮らしていることも関係しているのだろう。オアハカには独自の言語と文化を受け継ぐ16の先住民族が暮らしていて、街から少し足を延ばせば彼らの村を訪ねることもできる。民芸の村も点在し、染め物の村、織り物の村、陶器の村、刺繍の村…というように、村単位で異なる手仕事の現場を見に行くのもいいだろう。

そして、食! オアハカ料理は、決して他では味わえないマジカルな料理。トップシェフのアリス・ウォータース、メキシコ料理の専門家、リック・ベイレスやスサナ・トリリングといった料理家たちも絶賛している。ただ、多様なオアハカ料理を説明するのは難しいので、代表的な料理を紹介する。7種のモレ(チリの種類と色で分けられた7種のソース。実際は200種を超えるモレが存在する)、トラジューダス(パリパリのトルティーヤの上に、豆ペーストと干し肉、オアハカチーズがかかった料理)、そしてチョコラテ(メキシコ産のカカオを、温かい牛乳かお湯で溶いた朝食の定番)。すでにお腹がゴロゴロと鳴り出したなら、もうメキシコに向けて動き出している。

温かくてのんびりとした人々、活気のあるにぎやかなマーケット、良質な食べものとクラフトを見れば、オアハカが不思議に満ちた魅惑的な旅先であることは想像できるだろう。古代的なものと現代的なものがともにあり、時空を超えた今がある。そのことこそがオアハカが人々を虜にする理由だろう。

Soundtrack

MEXICO

PAPERSKY Soundtrack For Travelers
旅する音楽 メキシコ編


これから旅に出る人たちのために選んだ、架空の旅の音楽「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」。MEXICO | Food & Craft 特集に合わせてセレクトした珠玉のサウンドトラックです。

Selected by:
GOOD NEIGHBORS’ MUSIC VENDER

  1. CARMELITA / Luis Perez Ixoneztli
  2. CRYSTAL FRONTIER (Acoustic Version) / Calexico
  3. DEMASIADO AMOR / Los Aragon
  4. TEQUILA / Lalo Guerrero
  5. CUMBIA LOCURA / Taggy Matcher & Kumbia Boruka
  6. LAS CUATRO CULTURAS / Rabbits & Carrots
  7. BATALLA DEL MOVIMIENTO / T.O.
  8. MANGO MANGUE / El Gran Fellove
  9. SI DIOS ME QUITA LA VIDA / Javier Solis
  10. POR NUESTRA COBARDIA / José Antonio Méndez

Articles

Back Numbers