Tokyo

Japanese Fika
作家 温又柔

“Fika”とはスウェーデンの習慣で、コーヒーやお茶を飲むブレイクタイムのこと。いとうせいこうさんが亭主を務め、お茶とお菓子とお花で客人を迎えます。第3回の客人は作家の温又柔さん。小説をめぐるいとうさんの考え方にとても勇気づけられたと語る温さんとは、台湾のお茶時間やオードリー・タンの話題から、やがて熱い文学談義へ。

>> ストーリーを読む