夜のライブで盛りあがるリド|Seebad Enge

日が沈むと、チューリヒのプールサイドはまた別の表情を見せる。FrauenbadiやSchanzengrabenが男女一緒に過ごせるバーに変わるように、ここSeebad Engeでは夜になるとにぎやかな音楽が響きはじめる。 […]

03/23/2020

日が沈むと、チューリヒのプールサイドはまた別の表情を見せる。FrauenbadiやSchanzengrabenが男女一緒に過ごせるバーに変わるように、ここSeebad Engeでは夜になるとにぎやかな音楽が響きはじめる。そもそもこのリドは、女性専用と男女共用の2棟に分かれている。この日はそれぞれの棟で異なるイベントが開催されていて、一方がにぎや
また、Seebad Engeはその構造がかなりユニーク。というのも、更衣室やサウナがあるメインの建物もウッドデッキも湖の上にぷかぷかと浮かんでいるのだ。そのため、ウッドデッキに座っていると、ゆらゆらと浮遊感がある。泳ぎかたは基本的にUtoquaiと同じ。デッキに備えつけられたはしごから湖に降り、そこから泳ぎだしていく。少し違うのは、フリーの遊泳エリアのほかに、プールラインで区切った50mコースが設けられていること。そのため、エクササイズとして本格的に泳ぎこんでもいい。ほかにも、レンタルのパドルボードが用意されていて、初心者用のグループレッスンも定期的におこなわれている。ここでなら水着とタオルの用意だけで、パドルボードにも挑戦できる。ここは昼から夜までたっぷり楽しめる、大人の遊び場なのだ。
Seebad Enge
www.seebadenge.ch
This story originally appeared in Papersky’s SWISS | water issue (no. 40).