サルーテ!|Editor’s Note #44

食べたり、料理したり、飲んだりすることが好きなら、サルデーニャというパラダイスがあなたを待っている。イタリアの島でありながら観光的知名度の低いサルデーニャ島は、スペインやフランス、北アフリカ、そしてイタリア本土に囲まれた […]

04/30/2014

食べたり、料理したり、飲んだりすることが好きなら、サルデーニャというパラダイスがあなたを待っている。イタリアの島でありながら観光的知名度の低いサルデーニャ島は、スペインやフランス、北アフリカ、そしてイタリア本土に囲まれた、地中海の真ん中に浮かぶ島。そんなサルデーニャ島には誇るべき食文化がある。なにを食べてもしびれるような感動的な味わいがあり、味覚をじわじわと刺激する。それにサルデーニャの食は、とても健康的だ。この島が世界でも有数な長寿の島であることも納得できる。
それで、サルデーニャの人がなにを食べているかって? 彼らはいわゆるイタリア料理を食べてはいない。スペイン料理でもアフリカンでも、フレンチとも違う。立地的条件から周辺地域の影響を受けながらも、この土地にしかない食文化を守り育んできた。サルデーニャ料理とは、この土地の風土をまるごといただく、そんな料理なのである。
典型的なサルデーニャの一日は、羊飼いお手製の新鮮なヨーグルトとペコリーノから始まる。ヨーグルトには旬のフルーツやジャム、地元で採れたハチミツを添えて。そして朝食以外の時間にいただく食事は、これまたユニークである。
では、伝統的なサルデーニャ料理の一部を紹介してみよう。クスクスのようなパスタ「フレグラ」を使ったトマト料理(P.20)に、「ボッタルガ(カラスミ)」をからめたショートパスタ(P.34)、そしてサルデーニャの食卓に欠かせない、紙のように薄いパン「パーネ・カラザウ」(P.42)。それで、なにを飲んだかって? 「カンノナウ!」。バルバージア地方を産地とする、赤ワインのなかでもポリフェノール含有率が高いワインだ。味はもちろん、ヘルシーなワインとしても知られている。それから「セアダス」(P.22)と呼ばれるデザート。チーズの入った大きなラビオリのような揚げものに、ハチミツをかけていただく。
これらを聞いただけではまだお腹が満たされないというなら、ページをめくって心の胃袋を満たしてほしい。そして次の旅を計画中なら、サルデーニャでとびきりおいしい夏休みを過ごそう!Buon Appetito!
 
Salute!
If you love eating, cooking or drinking then Sardegna is a paradise in waiting. This Italian island relatively unknown to the world sits smack dab in the middle of the Mediterranean Sea and is surrounded by France, Spain, Africa and continental Italy.
Sardegna is blessed with a food culture that will send your taste buds abuzzing with fantastical amazement; it is also blessed with a food culture that is extremely healthy- so much so that Sardegna’s live longer then any other humans on the planet.
So what are the Sardegna’s eating? They are not eating Italian! Nor are they eating Spanish, African or Parisian. They are eating a combination of all of the above- as well as a mix of foods found only in Sardegna. The Sardegna’s are literally eating the time & space of their plentiful landscape!
A typical Sardegna’s day will start with the basics; fresh Yogurt and Pecorino Cheese made by local shepherds. The Yogurt will frequently be mixed with natural and local seasonal berries, fruits and or honey.
After breakfast things start to go in an extremely unique direction. A few standard Sardegna dishes include: ‘Fregola con Arselle’ (pg.20), a small couscous like pasta mixed with tomato sauce and clams and ‘Bottarga’ (pg.34) a handmade pasta dish featuring the Sardegna staple (salted mullet roe). Another daily Sardegna staple is ‘Panne Carasau’ (pg.42) paper-thin crunchy bread that the shepherds stuff into their pocket. And to drink? ‘Cannonau’! One of the most delicious and healthiest red wines on the planet it contains approximately three times the amount of polyphenols as an average red wine. And of course for dessert there are ‘Seadas’ (pg.22)- a large fried ravioli like pasta smothered in honey and stuffed with fresh cheese.
If you’re your not quite hungry yet start flipping the pages of this issue to begin filling your mind’s stomach with the idea that a trip to Sardegna is a must this summer! Buon Appetito!
» PAPERSKY #44 Sardegna | FOOD Issue (no.44)