志津野雷写真集 ON THE WATER

サーフィンをきっかけに、愛する自然の魅力を伝えるために写真を始め、世界中でカメラを構えてきた写真家・志津野雷(しづの・らい)による初めての写真集「ON THE WATER」が刊行されました。写真集に通底するテーマは、自 […]

07/06/2016

サーフィンをきっかけに、愛する自然の魅力を伝えるために写真を始め、世界中でカメラを構えてきた写真家・志津野雷(しづの・らい)による初めての写真集「ON THE WATER」が刊行されました。写真集に通底するテーマは、自分たちの足元に広がる地球で全ての源となり、人間にとって一番大切な「水」。そして、様々な表情を見せる「自然」と、その間で営まれる個性豊かな人間の生活と多様な文化。スペインとフランスにまたがるバスク地方、南インド、ニューオリンズ、軍艦島、屋久島、福島、白川郷など、世界各地で撮影した写真を通して、今地球上にある美しい瞬間や、東日本大震災以降に起こっている変えようのない事実、人と自然の共存の可能性など、人類にとって何が大切かを問題提起します。
著者独自の視点と感覚を通して、見るものに投げかける圧倒的に純粋なメッセージ。 地球と次代を考えるきっかけを与えてくれる、未来へのヒントとなる一冊です。
志津野雷写真集 ON THE WATER
2016年6月発行
青幻舎
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-558-2
Amazon
志津野雷(しづの・らい)
国内はもとより世界各地を旅し、それぞれの土地でクリエイティブな空間をつくる「CINEMA CARAVAN」を主宰、神奈川・逗子で2009年から毎年開催される「逗子海岸映画祭」を立ち上げるなど、比類ない行動力で活動する。近年では、ANA機内誌「翼の王国」等雑誌、Ron Harman等広告撮影の他、現代美術作家栗林隆氏などアーティストとのコラボレーションにも力を注ぐ。