スイスの風景のなかへ、エスケープ|Editor's Note #54

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフラワーが咲き、ミネラル豊富な水(世界で最もクリアでミネラル分の多い飲料水としてランキングされている)がある。スイスは、そ […]

08/02/2017

PAPERSKYはまちがいなく、スイスが好きだ。手つかずの湖、雄大な山、健全な森、愛らしいワイルドフラワーが咲き、ミネラル豊富な水(世界で最もクリアでミネラル分の多い飲料水としてランキングされている)がある。スイスは、そうした大自然の恩恵にあずかり、その自然を崇め守り続けてきた国だ。スイスのすばらしい自然環境を見れば、この国の社会が「すぐれたバランス状態」を保っている理由もわかる。そこで僕らはこの国の並外れた美しい風景をテーマに、スイスを旅することにした。
本号の特集を組むにあたり、僕らにはシンプルな問いがあった。どうして画家たちは、スイスの象徴的な風景を描いたのか? そこでまず、僕らはスイス出身、またはスイスに暮らした画家をリサーチし、彼らの描いた作品リストから牧歌的なスイスの風景を選び出した。僕らが選んだ画家は、フェルディナント・ホドラー(P.32)、パウル・クレー(P.34)、フェリックス・ヴァロットン(P.36)、エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー(P.38)、アロイス・カリジェ(P.40)、ジョヴァンニ・セガンティーニ(P.42)。彼らの作品を手がかりに、その美しい景色が描かれた場所を探していった。そしてようやくそのポイントを突き止めると、今回の旅が始まった。
僕らは画家たちにインスピレーションを与えた風景を求め、北へ、西へ、東へ、南へ、スイス各地を移動した。高山から湖、歴史的な町から小さな村まで、地域によって異なるカルチャーがあり、訪れた地域のなかで4つのエリアにはユネスコの世界遺産があった。こうして僕らは傑作を生んだ土地に立ち、新たな視点でその風景を眺めると同時に、今ここに生まれる、大自然の計り知れないパワーを受け取ったのだ。さあ、ページをめくって、自然へ還る旅へ出よう!
 
Escape to the Swiss Landscape
It is no secret that Papersky absolutely adores Switzerland. And for good reason, Switzerland is a country that values it’s pristine lakes, majestic mountains, healthy forests, spectacular wildflowers, and mineral rich drinking water (usually ranked the cleanest & healthiest in the world!). Switzerland is a country that worships it’s nature with a passion. It is a country that understands to have a society in ‘excellent condition’ means that nature needs to be in ‘excellent condition’. And hence we decided to focus this issue on the extraordinary beauty of the Swiss Landscape.
In this ‘SWISS | landscape art’ issue we began with a simple question: What, Swiss artists have painted iconic scenes of Switzerland’s landscape? We started off with well over 20 names and after much deliberation narrowed our final choices to these six painters: Ferdinand Hodler (p32), Paul Klee (p34), Félix Vallotton (p36), Ernst Ludwig Kirchner (p38), Alois Carigiet (p40) and Giovanni Segantini (p42). We then poured through the catalogues of each artist looking for idyllic Swiss landscapes. Next, we selected one landscape work from each of the artist and from there began to research the location of where the painting was likely created. Once we had pinpointed the location for each Landscape, our journey began!
We traveled extensively through Switzerland heading North, West, East and South in search of the location that we believed was the point of view and inspiration for each art piece. Our journey took us to high peaks, onto lakes, into old towns, small towns, through four UNESCO World Heritage areas, and deep into the unique culture of each location. We found much more than the vantage point of an old masterpiece we found new perspectives on how we view nature as well as to the awesome power that nature provides. So begin to read! And begin to Get Back to Nature!
» PAPERSKY no.54 SWISS | LANDSCAPE ART Issue