今、ここにある、北海道|Editor's Note #60

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いている。フレッシュな風が頬を撫で、速度は次第に上がっていく。そう、僕らはシリエトク(知床の語源)、つまりアイヌ語で“地の果 […]

07/31/2019

ピクシーズの「Where is My Mind?」が、ブルメスター社のサウンドシステムから鳴り響いている。フレッシュな風が頬を撫で、速度は次第に上がっていく。そう、僕らはシリエトク(知床の語源)、つまりアイヌ語で“地の果て”を目指しているのだ。
今回の「Drive」特集の目的は、“ファイナル・フロンティア”の島、北海道の「今」と「ここ」を探して巡ること。約2,000kmを車で移動しながら、「でっかいどう」とも呼ばれる、このとてつもなく広い北海道で、PAPERSKYらしい人々に出会うことだった。
旅のゲストは、国際的に活躍するアーティスト、奈良美智さんと、ブランディング・ディレクターとして活動する福田春美さん。北海道をこよなく愛し、かの地と深い縁のあるふたりと旅することで、僕らはこの広大な大地を新たな視点で巡ることになった。
青森県で生まれ育った奈良さんにとって、北海道は「過去の今」を感じられる場所だという。北海道の空気、建物、人々、自然は、彼の記憶を呼び覚まし、子どものころに戻らせてしまうというのだ。一方、北海道出身の福田さんは、ここ数年、生まれ故郷と再びつながり始めている。あまり知られていない北海道のクラフトや味に触れるたび、彼女は世界各地で見つけたアートや食が詰まったカバンに、新しい北海道を加えている。
ドライブで北海道のなかへ入っていけばいくほど、見きれないほどにあふれる自然を目にすればするほど、「今」に意識が向くようになる。それは、この大地が、彷徨う思考をどこかへ飛ばし、「今」という濃厚な時間にグラウンディングさせてしまうからかもしれない。全粒粉のパンはより味わい深く、お米は甘く、アイスクリームはよりリッチで、花々はいっそう美しく感じてしまう。なんともいえない満たされた感覚。そして、この旅で出会った人々は、まさにそんな感覚で生きている人たちだった。
テンカラ釣りのファッションを提案する「South2 West8」のふたり、モダンな木彫り熊を制作する「Page」、ファッションデザイナーのスズキタカユキさんとアーティストの高橋涼子さん、登山ガイドの伊藤典子さん、牛を描く画家の冨田美穂さん、そしてマジカルな、砂澤ビッキの木彫作品。本号は、シートベルトを締め僕らが会いにいった、「今」「ここ」に生きる人たちと過ごした旅の記録でもある。
  
Hokkaido is Here.
As the Pixies, “Where is My Mind?” blared on our Burmester sound system the fresh wind hit our faces at a high pitch and we sped towards ‘the end of the earth’, or Shiretoko as it’s known in the Ainu language.
For this ‘Drive’ issue featuring the ‘final frontier’ island of Hokkaido we went on a 2,000 km journey in search of ‘PAPERSKY-ish’ people in an effort to bring a ‘here’ and ‘where’ to the land of ‘nowhere’. Hokkaido is so vast and huge it’s also been given the name ‘Dekaido!’ (meaning extremely large).
Our guests and drivers for the issue are world-renowned artist Yoshitomo Nara and branding director Harumi Fukuda. Each has a love and connection for Hokkaido that gives us a new window into this ancient frontier.
Nara originally was born and raised in Aomori but he can feel his ‘past now’ as ‘now’ in Hokkaido. The air, architecture, people and nature of Hokkaido transport him back to his childhood days. Fukuda, on the other hand, was born in Hokkaido but has just recently began to reconnect with her childhood home. She’s discovering crafts and new taste to add to her worldly bag of arts and flavors.
As we drive deeper and deeper into Hokkaido and the nature becomes more exuberant we too seem to become more focused on the ‘now’ of things. It’s as if Hokkaido is grounding us away from our wandering thoughts and into a zone of concentration. The effect is a wholeness and feeling of fulfillment: the wheat bread taste better, the rice sweeter, the ice cream milkier and even the flowers look more beautiful.
A feeling of intense relaxation and concentration can be seen in the lives and details of the people we meet along our trip: The South to West 8 crews unique Tenkara based fashion, the modern Page wooden bear, the fabrics and folds of designer Takayuki Suzuki and Ryoko Takahashi; Noriko Ito’s alertness in the forest, Miho Tomita’s tactile cow paintings and Bikki Tsunazawa’s magical wooden sculptures.
So buckle up as we discover the ‘now’ and ‘here’ of Hokkaido via our meetups with some of the people truly living in the ‘now’ of things.
 
» PAPERSKY #60 HOKKAIDO | Drive Issue