クラシック音楽を聴きながら、夜のピクニック

ニュージーランドの夏のイベントといえば、大きな公園や屋外シアターで開かれる野外音楽フェスティバル。写真は、毎年2月にクライストチャーチで行われる「クラシカルスパークス」の開演前の様子。ステージで演奏されるクラシックを聴きながら、広い芝生の上で夜のピクニックを楽しむイベントだ。ライブが始まる2時間以上前から会場に人が集まりはじめ、どのグループもみな両手にたくさんの荷物を抱えている。折りたたみ椅子、ブランケット、レジャーシート

03/19/2010

ニュージーランドの夏のイベントといえば、大きな公園や屋外シアターで開かれる野外音楽フェスティバル。写真は、毎年2月にクライストチャーチで行われる「クラシカルスパークス」の開演前の様子。ステージで演奏されるクラシックを聴きながら、広い芝生の上で夜のピクニックを楽しむイベントだ。ライブが始まる2時間以上前から会場に人が集まりはじめ、どのグループもみな両手にたくさんの荷物を抱えている。折りたたみ椅子、ブランケット、レジャーシート、バスケット、リュックサック、クッション、そしてクーラーボックス。カップルや若者のグループ、子連れのファミリーから老夫婦まで、みな同じようにピクニックシートを広げて、夕日の下で寝そべりながら思い思いにピクニックを楽しみはじめる。
隣に座った老夫婦は、バスケットからワイングラスを取り出し、冷えた白ワインを開けている。おつまみはクラッカーとチーズ、サンドイッチ、そして夏が旬のプラムなどのフルーツ。その向こうで輪になっている家族連れは、フィッシュ&チップスの大きな紙包みと、ピザの箱をみんなで囲んでいる。開演を待つまでの間、だんだんと日が傾く夕方の一時をみな楽しんでいるようだ。
ステージは、キッズコンサートにはじまり、ソロバイオリン、クラシック、マオリのパフォーマンス、007などの映画音楽まであり、ラストを飾るのはピアニストの演奏に合わせた打ち上げ花火。エンターテイメント性も高く、幅広い世代が楽しめるプログラムとなっている。
Classical Sparks at North Hagley Park, Christchurch