Issue 55

SWEDEN
Fika

[ ゲスト ]
長田佳子

Order

菓子研究家・長田佳子さんと“フィーカ”の国、スウェーデンへ

本当の豊かさを追求し、幸福度の高い ライフスタイルを築いてきた北欧スウェーデン。そんなスウェーデンの人々が大切にする時間のひとつに、FIKA(フィーカ)の時間があります。フィーカとはお茶の時間のことで、友人や家族、仕事仲間と過ごすひとときのこと。今号では 菓子研究家の長田佳子さんをナビゲーターに迎え、スウェーデンの暮らしに欠かせないフィーカの時間をのぞきに、クリエイターやパティシエ、コーヒーやお茶の専門家を訪ねます。

Editor’s Note

No.55 — SWEDEN(2017)

フィーカなしにスウェーデンはない!

文:ルーカス B.B.


“フィーカ”とは、スウェーデンの言葉でコーヒーを飲む時間、つまりお茶の時間のこと。スウェーデンの人々は、朝でも、昼下がりでも、夕方でも、夜でも、いつでもフィーカをする。家で、職場で、カフェで、家族や友人、同僚、それからこれから親しくしたいと思う相手を誘ってフィーカする。

このシンプルな行為には、じつは文化的な意味合いもあって、思想的な要素も含まれている。フィーカはスウェーデンの社会や文化のなかで育まれた習慣のひとつで、質の高い時間を確保するための方法。そう、スウェーデンの人々には毎日、フィーカの時間が与えられているのだ! 1日に2回でも、もっと多くてもいい。フィーカは、単にコーヒーを飲むというだけでなく、生活をより豊かにするための口実でもある。だから政府や企業がフィーカを積極的に取り入れることを推奨しているのだ。スウェーデンの企業は、毎日10時と15時ごろ、フィーカの時間を取ることを義務づけられている。

フィーカには必ず甘いお菓子がついてくることも忘れてはいけない。シナモンバンやケーキ、7種のクッキー、それから手軽に食べられるオープンサンドなどもフィーカのお供。最も一般的なフィーカの飲み物はコーヒーだが、お茶やコーディアルドリンクなどでフィーカをする人もいる。フィーカのおやつは、たいてい陶器の皿に盛られ、飲み物はスティグ・リンドベリがデザインしたようなカラフルな花柄のカップや、シンプルな白いカップに注がれる。

会社ではカジュアルなミーティングの場として、フィーカを取り入れることもある。かしこまった会議とは異なり、間欠泉のようにいいアイデアがふっと浮かんできたりするのも、フィーカならでは。リラックスした状態だから、それぞれの考えを心地よくシェアし、意見も言いやすかったりするようだ。

フィーカをすると、内面的にも身体的にもいい作用がもたらされる。時間を共有し、お互いを見つめながら話すことで、本物の質の高い時間を楽しむことができる。そう、フィーカは、陽だまりにいるかのような心地いい時間。良い仲間、思いやりのある関係性、体にやさしいお菓子や良質なカフェインが、最高に満たされた時間をもたらしてくれるのだ。

Soundtrack

SWEDEN

PAPERSKY Soundtrack For Travelers
旅する音楽 スウェーデン編


これから旅に出る人たちのために選んだ、架空の旅の音楽「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」。SWEDEN | Fika 特集に合わせてセレクトした珠玉のサウンドトラックです。

Selected by:
GOOD NEIGHBORS’ MUSIC VENDER

  1. A SMILE WILL TAKE YOU FAR / Johan Christher Schütz
  2. PEOPPLE WITHOUT FACES / Tages
  3. TIDE OF FATE / Life on Earth!
  4. WALES / Testbild!
  5. DANCE, DANCE, DANCE / Lykke Li
  6. NOVEMBER / Musette
  7. HAPPINESS / Xylofonorkestern
  8. HAND ON YOUR HEART / José González
  9. STRANGE THINGS WILL HAPPEN / The Radio Dept.
  10. DON’T LET ME BE LONELY TONIGHT / Nils Landgren

Articles

Back Numbers