Issue 52

KYOTO
Bicycle

[ ゲスト ]
千代田高史
( ムーンライトギア )

Order

ムーンライトギア・千代田高史さんと海の京都を目指す、バイクパッキングの旅

神社仏閣に舞妓さん、老舗が軒を連ねる古都・京都。観光客の絶えることのない京の町から、今回は一歩外に出て、海の京都を目指す旅を特集します。自転車にキャンプ道具をくくりつけ、京都駅を起点に、丹波の里山を抜け、景勝地・天橋立に立ち寄り、温泉が湧く日本海の浜辺へ。

Editor’s Note

No.52 — KYOTO(2016)

自転車で、海の京都へ

文:ルーカス B.B.


京都はまちがいなく、日本で最も美しく、住みやすく、多くの人々が訪れる場所である。金閣寺、龍安寺、清水寺、二条城、そして市内の中心にある錦市場…。京都は歴史的な建造物が点在し、日本の伝統文化にふれられる場所、と誰もが認識しているはずだ。だが、こうしたすばらしい国宝や京都の町を囲む山々の向こうに、もうひとつの京都があることをご存じだろうか。 

町から一歩外に出れば、そこには未知の京都がある。ひたすら北上していけば、その大地の先にはきらめく海、そう日本海が広がっているのだ! 今号の特集では、京都駅を起点に日本海まで続く道を自転車で移動しながら探検しようと計画し、その旅の記録を紹介している。

PAPERSKYの読者はご存じのとおり、僕たちは自転車のファンであり、愛好者であり、ライダーでもあり、サポーターでもある。実際、年に3回、自転車で日本を再発見する旅「PAPERSKY Tour de Nippon」も開催している。参加者とともに風を切り、日本各地のすばらしい自然や文化にふれることを目的としたイベントだ。そして今回、このコンセプトをもとに、京都の町から海へと自転車で走る旅に出た。京都を再発見するために、いくつもの峠を越え、さまざまな人、暮らしに出会い、6日間で320kmという距離を走破した。

1日の平均移動距離は60km。無理のないペースで走り、キャンプ3泊、宿に2泊というプランだった。そう、自転車にさえ乗れたら、誰でも旅することのできる行程だ。だから特集では、実際に僕たちと同じような旅を計画する人に向け、宿泊場所や食事処、それから旅の荷物やパッキング例も紹介している。さあ、本号を読んでこの旅にインスパイアされたら、まずは自転車を用意して、まだ見ぬ京都に出会うために旅の準備を始めよう!

Soundtrack

KYOTO

PAPERSKY Soundtrack For Travelers
旅する音楽 京都編


これから旅に出る人たちのために選んだ、架空の旅の音楽「PAPERSKY Soundtrack For Travelers 旅する音楽」。KYOTO | Bicycle 特集に合わせてセレクトした珠玉のサウンドトラックです。

Selected by:
GOOD NEIGHBORS’ MUSIC VENDER

  1. MY FAVORITE THINGS / Yo-Yo Ma, Chris Botti
  2. 窓を横切る雲 / 笠井紀美子
  3. 髪をほどいて(Instrumental) / bird
  4. 琥珀色の街、上海蟹の朝 / くるり
  5. STAR FRUITS SURF RIDER / 青葉市子と妖精たち
  6. RUBY TUESDAY(Instrumental) / yanokami
  7. 陰と陽 / 村岡 実
  8. THE GARDEN OF RYOANJI / Section
  9. IN A LANDSCAPE(Solo Piano) / John Cage & Sylvano Bussotti
  10. MAS QUE NADA / Bossa Free

Articles

Back Numbers