URBAN RESEARCH DOORS presents

日本のつくり手

マリールゥ 鈴木 英美子

URBAN RESEARCH DOORSが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざしたモノづくりを続ける職人をクローズアップする ”CRAFTSMAN SERIES”。

05/25/2021

牛乳や卵を使わず、豆乳と少しの油を混ぜて焼くだけで、素材の風味を味わえるマリールゥのパンケーキミックス。こだわりの素材とその調合が生み出すおいしさはもちろん、ビーガンやアレルギーのある人でも安心して食べられることから全国にもファンが多い。

地元新潟で夫とともに玄米菜食のカフェを営んでいた鈴木英美子は、参加したとあるイベントで、お土産として販売できるものとしてオリジナルのパンケーキミックスを考案した。

「自分で料理をする、そのひと手間を大切にしたい。パンケーキミックスなら皆につくってもらえるので」。小麦と砂糖、そして塩。シンプルな中身だからこそ、自分たちはどのようなものを届けたいか、その想いに正直につくることができる。そんな確かな手応えを感じた鈴木は、約17年続けたカフェを閉店し、パンケーキミックスの製造と販売に専念することにした。

「パンケーキって幸せな時間と思い出をつくると思うんです」と鈴木は微笑む。小さな工房には手づくりされたパンケーキミックスの袋がずらりと並んでいた。そのひとつひとつに、楽しい食卓と笑顔が待っているのだ。

URBAN RESEARCH DOORS
PAPERSKYとともに日本各地のものづくりを紹介。地域にフォーカスしたポップアップイベント「SHARE THE LOCAL」も話題に。