フォトグラファー 渋谷ゆりが旅するストリート

世界各国のストリートを旅しながらシャッターを切り続けるフォトグラファー、渋谷ゆり。 Paperskyオーストラリア特集(no.29)、小笠原特集(no.8)、そして遡れば編集長ルーカスが最初に創刊した雑誌「TOKION」 […]

03/26/2010

世界各国のストリートを旅しながらシャッターを切り続けるフォトグラファー、渋谷ゆり。 Paperskyオーストラリア特集(no.29)、小笠原特集(no.8)、そして遡れば編集長ルーカスが最初に創刊した雑誌「TOKION」時代から写真を提供している。4月に発売されるPapersky最新号ヨセミテ特集(no.32)でも、取材班は彼女のカメラとともに旅をし、その写真はPaperskyの旅を彩ってくれている。「ペーパースカイで行く旅は、行った先々でいろいろなことを体験しながら、現地の人達と交流することが多いような気がします。今回のヨセミテでも、みんなで歩いたスノーシューやヨセミテに昔から住むインディアンのおばあちゃんから話しを聞けたり、一人旅で体験できない旅の楽しさを味わうことができました」(by Yuri Shibuya)
1996年頃からスケートボードの写真を撮り始めるとともに、そうした世界各地の旅を小冊子『ZINE』としてまとめてきた。「なにか新しい世界を知ろうとした時、その世界との架け橋になってくれる人にどう出会えるかで、その国や町との関係も変わってくるのかもしれない 」。これは、彼女の初書籍となる『UNDER EXPOSURE JOURNAL』によせられたコメント。彼女が訪れたストリートには、そこに生きる人々の姿がやさしく映し出されている。
『UNDER EXPOSURE JOURNAL』
アンダー・エクスポージャー・ジャーナル
著/写真:渋谷 ゆり
3月24日発売 トランスワールドジャパン www.twj.to
価格:1680円(税込)
<書籍紹介>
ニューヨーク~ジャマイカ~エチオピア~…… 世界を巡りシャッターを切り続けるフォトグラファー、渋谷ゆり。本書は、メンズファッション&カルチャー誌『ワープ・マガジン・ジャパン』にて、4年に渡り連載する「UNDER EXPOSURE JOURNAL」をコンパイルしたフォト・エッセイ集。ニューヨークのブルックリンバンクに集まるスケーター、ジャマイカの奥地に在るラスタファリアンのコミューン、インドの小さな町で写真屋を営むおじさん……。これまでに出会ったさまざまな人間や場所、そこで生まれたエピソードが写真とやわらかい言葉で綴られ、渋谷ゆりならではの心地よいハーモニーで奏でられている。
旅先は、ニューヨーク、ジャマイカ、エチオピア、ペルー、ブラジルとさまざまだが、特筆すべきは、普段観光客は訪れない地区での写真。危険な場所とは思えないほど、見るだけで忘れかけていた、どこかなつかしい気持ちになる一冊。
<渋谷 ゆり プロフィール>
1976 年東京生まれ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学部卒業。大学在学中よりスケートボードの写真を撮り始める。卒業後、世界各国を旅し始め、旅に出るごとにZINE(コピーで作られた小冊子)を1冊ずつ作り、現在ではトータル36冊に及ぶ。また、スケート、カルチャーやトラベル誌での写真やコラムの連載をはじめ、スケートやシューズブランドの広告写真などを手がけるなど、多岐に渡り活動中。東京を始めニューヨークなどで個展を行なうなど精力的な活動をこなす。
<発売記念イベント>
『UNDER EXPOSURE JOURNAL』発売記念イベントとして、渋谷ゆり(写真家)×若木信吾(写真家、映画監督)トークショーが開催されます。司会進行役にFlying Booksの店主、山路和広とともに「旅」と「ものづくり」をテーマに、それぞれが感じている「旅」の過程、「旅」によって生まれるインスピレーションやものづくりについて話します。旅行好き、アート好きには必ずや発見のあるトークショーです。
日時:2010年4月17日(土)
会場:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
電話予約&お問い合わせ電話:
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI 03-5775-1515
受付時間:07:00~朝 04:00
受付開始日:2010年3月24日(水)
先着予約50名様に渋谷ゆりハンドプリントバッグをプレゼント