東京の美しい水を巡る、西多摩へのショートトリップへ

中央線に乗って立川で乗り換え、向かった先は東京の西端、檜原村。この一帯では、よどみなどまるでない澄みきった川で、気ままにリバースイムを楽しむことができる。身体を包むのは、驚くほどクリアでしびれるような冷たさの天然水。都会 […]

08/11/2015

中央線に乗って立川で乗り換え、向かった先は東京の西端、檜原村。この一帯では、よどみなどまるでない澄みきった川で、気ままにリバースイムを楽しむことができる。身体を包むのは、驚くほどクリアでしびれるような冷たさの天然水。都会で暮らす人間なら、このとびきりフレッシュな東京の水にきっと心を動かされるはずだ。川で泳いだあとは、「水」をテーマに小旅行を楽しむのもいい。そんな時、立ち寄りたいのが「やまざき酒舗」。ここでは水の恵みを身体の中から感じとることのできる、自家栽培の野菜と酒がゲストをもてなしてくれる。その日の朝、畑からとれた新鮮な野菜を厳選。新じゃがやマダケ、ほうれん草やカボチャなど、旬のフレッシュな野菜だけでお腹を膨らませることができるのだ。加えて、「喜正」といった地元でも人気の純米酒を多種、用意。清らかな水がなければ生み出せない、芳醇な味がたっぷりと楽しめる。
山里で密かに楽しむ、新鮮な野菜のメニューと純米酒。水の恵みを身体の奥底で感じながら、満たされた時間がゆっくりと流れていく。濃い緑の森をぬうように流れる清らかな川。その過程で様々な栄養分を取りこみながら、同時に美しさを増していく、恵みの水。東京に住んでいるなら一度は体感したい、水のルーツを探るショートトリップだ。
「やまざき酒舗」は採れたてにこだわる店なので、夜は予約がマスト。昼には予約なしでもOKだが、できれば席を確保するため事前にコンタクトしておきたい。ワンデイトリップならお酒を堪能できるよう、もちろん電車で。
やまざき酒舗
東京都あきる野市乙津262
TEL042-596-0407
11:30~20:00 定休日:火曜