河原崎貴の鉄のフライパン|日本のつくり手 第17回

中央アルプスと南アルプスに挟まれた南信州・伊那谷。河原崎貴は鍛造を学ぶことができる工房を探し求めて、この地にたどり着いた。都会での仕事を辞め、職人を志したのは30代半ばの頃。「いろいろとやってみたいことはありましたが、鉄 […]

08/20/2019

中央アルプスと南アルプスに挟まれた南信州・伊那谷。河原崎貴は鍛造を学ぶことができる工房を探し求めて、この地にたどり着いた。都会での仕事を辞め、職人を志したのは30代半ばの頃。「いろいろとやってみたいことはありましたが、鉄の仕事をやってみたい気持ちは他のものとは温度が違った。直感的なことです。」
河原崎が用いているのは西洋鍛治の技法。丸くカットした鉄板をコークスで赤くなるまで熱し、木槌で叩いで形をつくり出していく。叩き頃 は800℃〜1000℃。焼いては叩き、冷めては焼き…… その行程を繰り返すことで、平らな鉄板は少しずつフライパンへと形を変えていき、表面には「火肌」と呼ばれる鉄を焼いて叩くことによって生まれる独特の質感が現れる。
輪っか状の取っ手が付いたその特徴的な形にも理由があった。「デザインというよりは機能面によるものです。軽くで振りやすく、熱が伝わりにくくて、熱を放出しやすいように。」
つくっているのは「生活道具」だと河原崎は言う。なるべく使いやすいものをできるだけ安く届けたい。休むことなく鉄を叩き続ける姿に、使い手への思いを感じた。
Urban Research Doorsが、PAPERSKYと共に日本各地を巡り、その土地に根ざしたモノづくりを続ける職人の方々をクローズアップする”CRAFTSMAN SERIES”。鍛冶職人・河原崎貴を紹介した第17回は、PAPERSKY #60に掲載。
Urban Research Doors
http://www.urdoors.com