Teva®と巡る古くて新しい台北

次々と新しいビルやショップが建ち、街中が建設中な一方、路地には夜市の屋台が立ち並び、バンヤンツリーの茂る朝の公園では老人たちが太極拳に勤しむ台北の街。そんな古さと新しさの同居する台北をTeva®で歩いた。 台北では、古め […]

05/22/2019

次々と新しいビルやショップが建ち、街中が建設中な一方、路地には夜市の屋台が立ち並び、バンヤンツリーの茂る朝の公園では老人たちが太極拳に勤しむ台北の街。そんな古さと新しさの同居する台北をTeva®で歩いた。
台北では、古めかしいものをたくさん見つけることができる。たとえば、夜市の屋台の群れ。道端で野菜を売る商人。苔で黒ずんだ年代物のビルディング。狭く入り組んだ路地裏。街中に点在する寺院…。一方で、台北は新しいものにも、そこかしこで出会うことができる街でもある。未来的なショッピングセンター、完璧に管理されたMRT(公共交通システム)、次々と現れては消える新たなスイーツショップやカフェ、ローカルアーティストのCDやZINE。そんな「古くて新しい」台北の、現在に触れるツアーに出かけよう。
まず、スタートは言わずと知れた「國立故宮博物院」。複雑な歴史を経てここに収められた清朝が所蔵した名宝の数々からは、現在の台湾に文化的にも政治的にも色濃い影響を与えている中国の歴史と文化の凄みに触れることができる。
一方、現在進行形の台北のフレッシュなアートシーンに触れたければ、2016年にオープンした中山区の「朋丁(pon ding)」を訪れるといい。3階建ての古い建物を改修した店内は1階がカフェ&ブックストア、2〜3階がギャラリーとなっており、台湾の若手アーティストを中心とした展示がいつでも見ることができる。1階のブックストアでは台湾人アーティストのZINEやアートピースが手に入る他、いま、盛り上がりを続ける台湾産のクラフトビールまでもが豊富にそろう。
そして忠孝復興にある「samplus」は、いま、世界で最もクールなアウトドアショップかもしれない。日本のハイキングギアメーカー「山と道」と台北のセレクトショップ「COW RECORDS」が協力して運営する広い店内にはまるでギャラリーのようにアウトドアギアが置かれ、しかもそこにあるのは「山と道」をはじめとした、日本国内でもめったに見られない(しかし一部には熱狂的なファンをもつ)日本のスモールブランドのプロダクトが中心にセレクトされているのだ。「日本のショップ以上に日本のマニアックなプロダクトを扱う台北のショップ」という構造は、眩暈を覚えるほど興味深い。
そんなふうに、変わりゆく現在の台北を象徴する存在が、長らく放置されてきた古い建物や施設をリノベーションしてつくられた複合施設の存在だ。日本統治時代のたばこ工場跡地につくられた「松山文創園区」の広い構内にはギャラリーやカフェ、セレクトショップやクリエイターのオフィスが入り、アートイベントも頻繁に行われている。歴史の重みを感じさせる建物を散策すれば、興味深い何かに次々に出くわすはずだ。
そんな「松山文創園区」のなかでもトラベラーにおすすめなのが、「Not Just Library」という会員制図書館。台湾では現在こうした私設図書館が盛んで、カフェやギャラリーに併設されていることも多く、この「Not Just Library」も会費を払って利用する方式だが、1日50元で使うこともできる。広く落ち着いた雰囲気の館内は欧米や日本のアート系を中心とした本でぎっしりと埋まり、半日はあっという間に過ぎ去ってしまいそう。館内にはソファや、仕事や勉強のできるデスクも設置されているので、喧騒の台北に疲れたらここでひと休みをして、また街歩きに出かけよう。Teva®のサンダルは、そんな台北の街を歩くのにぴったりだ。とくに水に浮くほど軽いEVA製の「ハリケーン ドリフト」は旅行用のサブシューズとしても最適だし、サポート性とやわらかさを兼ね備えた履き心地は、雨の多い台北でも気にせずどんどん歩いていきたくなるほど。 
おしまいに、「古い台湾」といえば、やはりお茶。茶屋に行き、座って店主と語らいながら長い時間をかけてあれこれ試飲をするのは、いまも昔も台湾の大人のたしなみなのだとか。富錦街にある「琅茶(Wolf Tea)」は、そんな台湾茶の世界に新しい風を吹かせている店だ。100%台湾産の茶葉と茶器にこだわりつつ、オーナーのアーウェン自らデザインを施した美しいパッケージや台湾人作家のつくる茶器に彩られた烏龍茶は、古いものを残しつつ、新しく生まれ変わろうとしている台北そのものに見えた。
Teva®
jp.teva.com
 
» PAPERSKY #59 TAIWAN|Hike & Bike Issue