障害者と一緒に楽しむアート展|Museum of Together 展

障害者と一緒に楽しむアート展「Museum of Together」が、10/13(金)より東京・スパイラルガーデンにて開催されます。「アウトサイダーアートと現代アート、22の異世界をめぐるアート体験/どんな人にもひらか […]

10/02/2017

障害者と一緒に楽しむアート展「Museum of Together」が、10/13(金)より東京・スパイラルガーデンにて開催されます。「アウトサイダーアートと現代アート、22の異世界をめぐるアート体験/どんな人にもひらかれた、アクセシブルな美術館」をテーマとし、作家22人(障害者、現代美術家)の作品約500点の展示をはじめ、障害者とともにアート鑑賞を楽しむ企画「アクセスアート プログラム」や、フードプログラム、フォーラムなど、キュレーター、建築家、ライター、デザイナー、NPO、美術館職員、障害者、料理家等、様々な領域の人々が横断的に関わり企画する多様なプログラムが用意されています。
主催は、アートを中心に、個性に寛容でインクルーシブな社会の実現を目指し活動する「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS」。「ACCESSIBILITY(アクセシビリティー)」と「LEARNING(ラーニング)」をキーワードとし、アートを通じて世代やコミュニティ、専門性や領域を越えた人々が、さまざまな知識や経験を共有し合い「学び」をより深めることを目的とする展覧会です。詳細は公式サイトにてご確認ください。
Museum of Together(ミュージアム・オブ・トゥギャザー)展
会場:スパイラルガーデン/スパイラルカフェ(東京都港区南青山5-6-23)
日程:2017年10月13日(金)~10月31日(火)
開館時間:11:00〜20:00(※10月13日は18:00まで)
入場無料/会期中無休
Museum of Together
https://www.diversity-in-the-arts.jp/moto
■参加作家
青山悟、占部史人、エミ、川内理香子、Christian Hidaka、小松和子、清水千秋、清水ちはる、土屋信子、土屋正彦、寺口さやか、Peter McDonald、藤岡祐機、古谷秀男、堀江佳世、松永直、水内正隆、みずのき絵画教室、森雅樹、八島孝一、竜之介、渡邊義紘