3つの展覧会で、東海道を旅しよう

緑あふれる広大な敷地のなかに「ベルナール・ビュフェ美術館」「ヴァンジ彫刻庭園美術館」「IZU PHOTO MUSEUM」と、3つの美術館がある富士山麓のクレマチスの丘では現在、各美術館で富士と東海道をめぐる展覧会をおこな […]

08/10/2011

緑あふれる広大な敷地のなかに「ベルナール・ビュフェ美術館」「ヴァンジ彫刻庭園美術館」「IZU PHOTO MUSEUM」と、3つの美術館がある富士山麓のクレマチスの丘では現在、各美術館で富士と東海道をめぐる展覧会をおこなっている。「ベルナール・ビュフェ美術館」では歌川広重、棟方志功、水木しげる、奈良美智と錚々たる顔ぶれの作家が東海道を題材にした作品を展示する「東海道五十三次 一広重から現代作家まで」を開催中(8/30まで)。「東海道新風景 一山口 晃と竹﨑和征」を開催中(8/30まで)の「ヴァンジ彫刻庭園美術館」では、ふたりの人気現代美術作家が感じた、多元的な東海道のイメージを見ることができる。「IZU PHOTO MUSEUM」の展示は「富士幻景 一富士にみる日本人の肖像」(9/4まで) 。これは信仰の対象として、また日本のシンボルとして古来から親しまれてきた富士山を、幕末、明治、戦中、現代という時代の変遷とともに、写真や印刷物をとおして概観する。1797年生まれの歌川広重から1976 年生まれの竹﨑和征まで、古今のアーティストが見て、感じ、表現した東海道を一覧できるまたとない機会をお見逃しなく。
3つの展示でめぐる富士と東海道
(1) ベルナール・ビュフェ美術館
東海道五十三次 一広重から現代作家まで
(2) ヴァンジ彫刻庭園美術館
東海道新風景山口晃と竹﨑和征
(3) IZU PHOTO MUSEUM
富士幻景富士にみる日本人の肖像
会期:(1)(2)は、8月30日、(3)は9月4日まで
開館時間:10:00 -18:00
休館日:水曜日(祝日の場合は、翌日休)
お問い合わせ:クレマチスの丘 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平) 347-1
TEL: 055-989-8787
www.clematis-no-oka.co.jp