旅の本屋|カリフォルニア MOE'S BOOKS

ダスティン・ホフマンの映画『卒業』に登場する伝説的な本屋「Moe’s」。4階建てのビルの書架に、ジャンル別にぎっしり並べられた古本&新刊本の数々は、本好きの興味を満たす個性的な品揃えで評判があり、いつの時代も […]

04/21/2014

ダスティン・ホフマンの映画『卒業』に登場する伝説的な本屋「Moe’s」。4階建てのビルの書架に、ジャンル別にぎっしり並べられた古本&新刊本の数々は、本好きの興味を満たす個性的な品揃えで評判があり、いつの時代も学生たちの知的好奇心を刺激する。ビートニクのメッカ、カルフォルニア大学バークレー校のそばにある1959年にオープンした古本を扱うパイオニアだ。毎日1,000冊仕入れているという本はすべて、数年にわたりトレーニングされたジャンル別の担当者がその内容を把握しており、古本に関しては値つけもしている。世界中から集められた美術書などのヴィンテージ本は、最上階の別ブースに分けられ、必要があれば顧客の自宅まで好みのものを届けて先方にセレクトしてもらう。おもな顧客は、バークレー校の教授や、研究者、博士、作家など、アカデミックな人たち。月に2〜3回おこなわれる読み聞かせやポエトリー・リーディングは彼らにも人気のイベントだ。
本好きにはたまらない、秘蔵品の数々。キャッシャーには持ち込まれた本が山積みとなっていて、その全て目を通すという。熊谷さんはここでかねてから探していた建築の本を見つけたが、重くて持ち帰れず、帰国後のメールオーダーに変更したというエピソードも。現在は初代創始者モエ・モスコウィッツの娘、ドリスがオーナーを務め、バークレーに住む人々とのコミュニケーションを大事にしながら、書店は営まれている。
Moe’s books » www.moesbooks.com
 
Traveler’s Book
地球の上に生きる』アリシア・ベイ=ローレル 著 深町真理子 訳(草思社)
ボヘミアンに憧れて旅を続けていたアリシア・ベイ・ローレルが、たどり着いたのはカリフォルニア北部、ウィーラーズ・ランチというコミューン。そこで仲間や自然から少しずつ教わり学んでいった生きる知恵。イラストを得意としていた彼女が文章とともにそれらをまとめた手引書が本書だ。自然のなかで生きることは、なんとアイデアにあふれた楽しいものだろうか。1975年に初めて日本語訳が発行されてから30年以上の月日が流れているが、人が自然とともに生きるかぎり、必要とされつづける一冊だろう。
» amazonで見る
 
» ペーパースカイ No.25 カリフォルニア特集