モロッコのライフスタイルに触れるショップ「MICHI」

何世紀にもわたって、南アフリカから、アラビア半島から、ヨーロッパから異国の文化が流れついてきたモロッコ。何気ない日用雑貨にも世界遺産の町並みにも、そのバックグラウンドが色濃く映しだされている。マラケシュのメディナでは、今 […]

08/24/2010

何世紀にもわたって、南アフリカから、アラビア半島から、ヨーロッパから異国の文化が流れついてきたモロッコ。何気ない日用雑貨にも世界遺産の町並みにも、そのバックグラウンドが色濃く映しだされている。マラケシュのメディナでは、今でもたくさんの職人たちがものづくりに精を出している。仲間たちと楽しそうにおしゃべりをしながら糸をつむいだり、染色したり、木の扉をペインティングしたりするおじさんたちの姿を、街のいたるところで見かけた。
真鍮製品のスークの向かいにある雑貨と洋服の店「Michi」には、オリジナルのバブーシュやかごバッグ、木のカトラリーや洋服、アクセサリーがぎゅっとつまっている。どのアイテムも、オーナーのヒシャムさんがたくさんの工房を見てまわり「この人だ」と思った職人に依頼。たとえばバブーシュは、1日に1足しか制作しない職人に頼みこんでつくってもらっているもの。縫製がとても丁寧で履き心地がいいし、ヒシャムさんがデザインした刺繍も洗練されている。他の店でもよく見かけるカゴのバッグでも、「ミチ」のものは持ち手と底の部分に革が張ってあるなどデザイン性と使いやすさの工夫がされている。アプリコットやアーモンドの木片から切り出された木のカトラリーは、マラケシュ郊外の小さな村に住む職人さんがひとりでつくっているもの。どのアイテムもクオリティが高く、厳選されたモロッコ雑貨に出会うことができる。