木の国|Editor’s Note #48

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入ることを恐れず、むしろ森が安心できる平和な場所であることを彼らは知っている。本号はフィンランドが好きで、木や森を愛する人 […]

07/30/2015

フィンランド人の魂は古来からずっと、森とつながり合ってきた。森のなかにいることを好み、ひとりで森に入ることを恐れず、むしろ森が安心できる平和な場所であることを彼らは知っている。本号はフィンランドが好きで、木や森を愛する人たちのための特集。「木」をテーマにフィンランドを巡る旅を紹介する。
まず、Natural Resources Institute Finlandが発表する、フィンランドの森林事情をお伝えしたい。
* 国土の75%が森林である
* 国民の5人にひとりが森を所有している
* フィンランドの森林は年々広がっている
* 輸出の27%が森林に関わる製品である
Wow ! フィンランドにはこんなにも木が根づき、文化や経済も支えている。この国に伝わる多くの文化は神聖な深い森から生まれ、フィンランド人は森を家のように感じてきた。本誌でも紹介する『Tree People』という写真集では、フィンランドの人々がどれだけ木や森と関わってきたかが記されている。そのひとつに、死者が出ると亡くなった日と名前を木の幹に刻むという習慣がある。葬式の間、村の人々は森に入り、故人の名前が刻まれた木の前に腰を下ろし、飲みものを片手にリラックスして、故人を想い、そして彼らの先祖を想うのだという。
別のユニークなフィンランドの森の習慣は、「Everyman’s Right」というものだ。人々は森であれば、それが国有地か私有地かにかかわらず、誰でも歩くことができ、スキーやバイク、乗馬などを楽しむことができる。好きな場所でキャンプをし、ワイルドフラワーやベリー、マッシュルームなどを自由に採ることも許されている。フィンランド人は、心から森を愛している。そして国民のふたりにひとりは、住まいの1km圏内に野生のベリーやマッシュルームを収穫できる環境で暮らしている。
フィンランドは森林管理や教育、そして豊かな森と共生するライフスタイルにおいて模範的な国。森とともに生きる、おとぎ話のような現実の暮らしがそこにはあるのだ。
 
Land of the trees
It seems the Finnish soul has always been linked to the forest. Finns feel good in the forest. Not alone, not lost- the forest provides protection and peace. This Finland Wood issue of Papersky is for people, who like the Finns, love trees and forests.
To kick things off I would like to share a few amazing Finland Forest facts provided by the Natural Resource Institute Finland:
** 75% of Finland is forests
** 1 in 5 Finnish people own forest land
** Finland’s forests increase every year!
** 27% of Finland’s exports are based on forest products
Wow! An entire country with it’s culture and economy firmly grounded on TREES. While many cultures of the past were scared of the deep forest the Finns have always felt at home in the woods. In fact recently Finnish photographers working on the book ‘Tree People’, discovered an entire forest of trees in which each tree in the forest was etched with names and death dates of the local village’s deceased. It was custom when a funeral processions made it’s way to a grave for people to take periodical rests in the forest at these memorial trees. Folks would relax, have a drink and remember their ancestors.
Another very unique current Finnish forest custom is ‘Everyman’s Right’ this right allows everyone to move in all forest and nature areas (both private and public) on foot, on skis, on bike or on horseback. Camping in nature is also allowed, as is the picking of natural flowers, berries and mushrooms. Finns love their forests and half of the population lives less then one kilometer from good berrying or mushrooming grounds.
It’s no fairytale the Finns are the modern stewards of the Forest. This Finland issue of Papersky is wood solid with stories on: ‘Nikari Furniture’, ‘Red Sky Boat Makers’, ‘Alvar Aalto Architect’,
‘Drinking Birch Sap’, ‘Moomin’s Forests’, ‘Finnish Wood Burning Saunas’ and featuring photography by Marianna Jamadi and Ritva Kovalainen.
 
» PAPERSKY #48 Finland | Wood Issue