地元に愛される公園とビール|縄文時代中期 岩手県二戸郡

75,000m2という広大な御所野遺跡には、縄文時代中期後半、およそ500年間にわたって人々が定住していたらしい。3つあるムラの中央にはお墓を擁した配石遺構があり、発見された800棟以上の住居の多くは、この中心を向いて建 […]

02/10/2015

75,000m2という広大な御所野遺跡には、縄文時代中期後半、およそ500年間にわたって人々が定住していたらしい。3つあるムラの中央にはお墓を擁した配石遺構があり、発見された800棟以上の住居の多くは、この中心を向いて建てられていたようだ。陽当たりのいい平らな土地のあちこちから水が湧いている、いかにも住み心地よさそうな環境ながら、1980年代終わりに工業団地としての開発の手が伸びるまで住宅地にもならなかった理由は、地元の老人の言葉にヒントがありそうだ。このあたりは、お墓があると言い伝えられてきた場所なのだった。実際、掘ったら縄文時代のお墓を伴う大規模な集落跡、古代や中世のお墓が確認されたため、工業団地予定地はそのまま広大な御所野縄文公園となった。おかげで現代の建物などの人工物がほとんど視界に入らない、縄文時代の風景を彷彿とさせる希有な空間となっている。
ベアレン醸造所は、100年以上前からドイツで使われ続けてきた美しい銅製仕込み釜を使って伝統的な製法でビールづくりを行うブルワリー。すべてが手作業、あるいは職人の感覚がものをいう、手間も時間もかかる昔ながらのやり方をあえて貫いている。飽きずに毎日飲み続けられる、本来のビールの美味さを追求しているからだ。取材に伺ったのは年2回開催しているビール祭りの前日で、敷地内には大きなテントが設置され、祭り前夜の高揚感に溢れていた。3日間の開催で2,000人も集まる規模の恒例祭もスタッフ手づくり。ビールと地元に実直に向き合う姿勢は、きちんと伝わるものだ。ともすると観光客向けの商材になる地ビールが、ベアレンのそれはほとんどが県内で消費されているのだから。
 
御所野縄文公園 / Goshono-Jomon park & museum
岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2 TEL: 0195-32-2652 goshono-iseki.com
Baeren (brewery)
岩手県盛岡市北山1-3-31 TEL: 019-606-0766 www.baerenbier.com
Baeren Zaimokucho (bear pub)
岩手県盛岡市材木町7-31 TEL: 019-626-2771 www.baerenbier.com/pub
Baeren Nakanohashi (bear bar)
岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-21 TEL: 019-651-6555 www.baerenbier.com/bar
 
» PAPERSKY #46 Northern Japan | Jomon & Craft Beer Issue