石川直樹展「島は,山。」

霧島アートの森にて、10/4(金)より、石川直樹展「島は,山。」が開催されます。石川直樹は,文化人類学や民俗学の領域に関心を持ち,日本や世界各地の辺境や都市を旅しながら作品を発表し続けています。空から列島を眺めると,島と […]

10/03/2019

霧島アートの森にて、10/4(金)より、石川直樹展「島は,山。」が開催されます。石川直樹は,文化人類学や民俗学の領域に関心を持ち,日本や世界各地の辺境や都市を旅しながら作品を発表し続けています。空から列島を眺めると,島という陸地は海から顔を出した山ではないかと思えてきます。かつて民俗学者の柳田国男は山と島が似ていることに着目していました。「その地理的な条件ばかりでなく,人間の暮らしの体系そのものが似ている」と。陸と海が接する島はもともと山であり,山は島でもあるのではないか。本展は,こうした問いを出発点に,石川が10代の頃から関心を寄せ続けている鹿児島からアジアへと広がる島々の連なりを,写真によって見つめ直していきます。関連イベントなど詳細は公式サイトにてご確認ください。
石川直樹展「島は,山。」
会期:2019年10月4日(金)〜2019年12月1日(日)
会場:霧島アートの森 アートホール(鹿児島県姶良郡湧水町木場6340番地220)
時間:9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休館日:月曜日 ※祝日の場合は翌日休館
観覧料:一般 800円(600円)
高大生:600円(400円)
小中生:400円(300円)※( )内は前売り又は20人以上の団体料金
詳細:https://open-air-museum.org/event/event-37314
霧島アートの森
http://open-air-museum.orgg/