もっともバランスのとれた都市、オスロ(No.37)

50年後、世界のどの都市が「上質な街」と呼ばれるのだろうか。そう考えたときに僕の頭に浮かんだのが、ノルウェーの首都オスロだった。未来の都市のありかたを見たいと思ったら、オスロに行くことをおすすめする。今回の特集では、いま […]

12/01/2011

50年後、世界のどの都市が「上質な街」と呼ばれるのだろうか。そう考えたときに僕の頭に浮かんだのが、ノルウェーの首都オスロだった。未来の都市のありかたを見たいと思ったら、オスロに行くことをおすすめする。今回の特集では、いま、そしてこれからより熱くなるであろうオスロから、未来への可能性を感じるためのインスピレーションをみなさんにお届けしたいと思う。
おそらくノルウェーは、今後の世界を導くかがり火になるだろう。その理由は、国の基盤をしっかりと支えている次の3つの哲学にある。
1) ノルウェーは核を保有していない。国全体のエネルギー需要の99%を水力発電でまかなっている。
2) ノルウェーは子どもから高齢者まで、国民を大切にしている。高齢者のケアに関する調査で、ノルウェーはつねにトップクラスに選ばれている。
3) ノルウェーには性差別がない。世界に先駆けて男女平等を推進してきた国で、議会や企業経営者の約50%が女性である。
今回、僕たちは創造性あふれるノルウェーのクリエイターたちにオスロを案内してもらった。案内人は編集者、デザイナー、アーティスト、建築家、料理家など、世界でいまもっとも注目を集めている才能豊かな人々だ。また、ノルウェーを代表するふたりのクリエイターにもインタビューすることができた。ひとりは、『Oslo, August 31st』をリリースした映画監督、ヨアヒム・トリアー。もうひとりは今年の2月に日本の原子力発電所をテーマにしたアルバム『N-Plants』を完成させた、音楽家のゲイル・イエンセンだ。
だが、ノルウェーのもっともすばらしい点はなんといっても、自然がすぐ側にあることだろう。都会から15分もしない場所に、自然のなかで遊べるさまざまなフィールドが広がっている。誌面では、ノルウェーのアウトドアブランド、ヘリーハンセンの協力を得て、海も山も楽しめるウォーキングコースも紹介している。さあ、ジャケットのジッパーを上げて、地球上でもっともバランスのとれた都市オスロへ、冒険の旅に出かけよう。
PAPERSKY No.37 Norway Issue
妖精に守られた自然の王国へ華恵さんといくノルウェーの旅
» オンラインで購入:紙版デジタル版

BALANCE
If you are looking for a modern metropolis that represents what quality cities in the next fifty years should, and likely, will become then Oslo, Norway is the place. This issue of Papersky will provide you with the inspiration and tools necessary to experience the city of ‘now.’
There are three strong philosophical pillars that have made Norway a beacon city for the future.
1) Norway is a nuclear free country. The country meets 99% of its energy needs using hydroelectricity.
2) Norway will also take care of you when you get old-. They are ranked #1 or close to the top in virtually all studies on elderly care.
3) Norway is equal in its treatment of women- being a gender equality pioneer for the entire planet. In Norway roughly 50% of politicians, civic leaders and top business are led by women.
We thought the best way to get an inside look into the city of ‘Now’ was to take a walk with several, creative Norwegians and have them show us their capital city, Oslo. In short, this issue is a Norwegians’ insider guide to Norway-directed by some of Norway’s top creative talent in the fields of editing, design, music, art, architecture as well as handcraft and food.
Besides our insiders guide, we were also fortunate enough to catch up with two of Norway’s amazing creators: Joachim Trier, the Norwegian director of the recently released movie “Oslo, August 31st”- a movie about a single day in Oslo. We also had good enough fortune to be acquainted with Geir Johnson, the eclectic musician-composer behind the sound of Biosphere. The new Biosphere album “N-Plants,” which was completed in early February of this year, takes a pre 3/11 look at Japanese nuclear power plants.
With everywhere Papersky has taken readers, what truly makes Norway special is its close proximity to nature. In just fifteen minutes one can be hiking, mountain biking, sailing or skiing. The Papersky crew, in collaboration with Norwegian outdoor brand HELLY HANSEN, created a special “Mountain to Sea” walk especially for this OSLO issue of Papersky. So get ready to zip up and prepare to explore Oslo the most balanced city on the planet.
» Editor’s Note バックナンバーリスト