8月2日から6日間、青森ねぶた祭り開催

いつもは約30万人の青森市の人口が、8月には6夜続けて数百万人に膨れあがる。2階建ての家ほどの高さの輝く武者や鬼。喧噪と色の洪水のなか、巨大な刀をふりかざして練り歩くその姿を見たい人々が日本各地から集まってくる。 8月2 […]

08/02/2013

いつもは約30万人の青森市の人口が、8月には6夜続けて数百万人に膨れあがる。2階建ての家ほどの高さの輝く武者や鬼。喧噪と色の洪水のなか、巨大な刀をふりかざして練り歩くその姿を見たい人々が日本各地から集まってくる。
8月2日から7日まで、青森市を舞台に開催されるねぶた祭り。本誌PAPERSKY No.42では、ねぶた師の竹浪比呂央さん、北村隆さん、囃子方の木村智志さんにインタビューした記事を掲載。ねぶたを支えてきた人々のストーリーを紹介しています。祭の熱気を感じながら、ぜひ本誌をご覧になってみてください。
Nebuta / Aomori Nebuta
PAPERSKY No.42 p.68-77 掲載
Photography & Text: Cameron Allan Mckean Coordination: Lucas Badtke-Berkow
青森ねぶた祭り公式サイト
http://www.nebuta.or.jp/