ユタカな土地、秋田を歩く自然散策へ(No.14)

空にかかる二重の虹に驚いて、じっと見上げていた時、一人の小柄なお年寄りが「こんにちは」と言って握手を求めてきた。「アキタ・ユタカです。初めまして」。その年齢にもかかわらず–たぶん70代前半ぐらいだろうR […]

12/13/2009

空にかかる二重の虹に驚いて、じっと見上げていた時、一人の小柄なお年寄りが「こんにちは」と言って握手を求めてきた。「アキタ・ユタカです。初めまして」。その年齢にもかかわらず–たぶん70代前半ぐらいだろう–、彼の眼は少年のような好奇心と無邪気さで輝いていた。真っ赤に紅潮した頬は幸福感とエネルギーに満ち、その口からは、周りを囲む水田や山々の風景と同じくらい幅広く豊かな話が溢れ出る。この魅力的な男性、秋田さんは、母親がその名に託したという、この地にまつわる壮大なすべてのものを体現していた。彼は全身で秋田を表現している人だった。
山菜やブナの木、熊の爪跡やカエルの卵、さまざまな種類の植物を一つ一つ指差しながら僕たちをガイドしてくれた秋田さん。そのとき僕は、とても穏やかな気持ちになっている自分に気づいた。実際これまでの旅の中で僕たちが出会ったこの初夏の秋田ほど平和に満ち溢れた場所はなかった。山であれ湖であれ温泉であれ、僕たちが訪れた全ての場所、口にした食べ物や出会った全ての人々さえものが、温かさのこもったエネルギーを放射していた。
初夏の秋田は「ユタカな」土地だ。エメラルド色の川や激しく流れ落ちる滝、空一面の星にも勝る緑の木陰が僕たちの眼を癒し、地鶏や秋田牛、原産米、日本海の魚、山菜、そして日本一新鮮な白神山地の湧き水から作られた国内随一の酒など、この国で一番おいしい食べ物の数々が僕たちの胃袋を満たしてくれる。
今号の『PAPER SKY』では、秋田周辺を歩く3つの自然散策へ読者の皆さんを招待しよう。僕たちが選んだ最初のコースは八森町の留山散策。この散策では、美しいブナの木にきっと感動できるはず。その気になったら、神秘的で美しい白滝に打たれて願を懸けてみよう。第2のコースは角館。ここの水は空よりも青い。「抱返り渓谷」の絶景は一生忘れることのできない思い出となるだろうし、「回顧(みかえり)の滝」の美しさには心が癒される。散策の後にはちょっと茶屋に立ち寄って、できたての団子をいただこう。それでもまだお腹に余裕があったら、ジャンボ煎餅にトライ。とっても懐かしい味がする。第3のコースは「秋田市植物園」。秋田原産の植物がきちんと分類されているこの植物園は、秋田探検の出発点としてもってこいの場所だ。植物園を訪れたら、秋田名物のすばらしい山菜コレクションも要チェック。それぞれ2-3時間を要するこれらの散策コースは、自分で好きなように歩いてもよし、またはちょっとお金を払ってガイドを頼んで、青々とした森林を覆う山菜や草木についていろいろと教えてもらいながら歩くのもよい。『PAPER SKY』が選んだのは、若き酒蔵の常務(ロックバンド・ズボンズの元マネージャー)、秋田名産の食料品を売るとてもユニークなスーパーの女性副社長、そして民芸品の伝統を守り続ける「イタヤ細工」職人の3人だ。
この3つのお勧めコースのほかにも、自分だけの山菜を探してみたり、じゅんさい農園で小舟に乗って自分だけのじゅんさいを摘んでみたり、僕たちのように自分でどんどん冒険してみよう。
さあハイキング・ブーツの靴紐を締め、リュックサックに「ササマキ」を詰めて、秋田散策の旅へいざ出陣!

Akita Yutaka
As we stared up in amazement at double rainbow in the sky a small elderly gentlemen said hello and shook our hands. “Akita, Yutaka. Nice to meet you.” Despite the man’s age — probably early 70’s — his eyes twinkled with a young boy”s curiosity and innocence. His cheeks were ruby red, filled with happiness and energy, and from his mouth flowed stories as wide and rich as the surrounding landscapes of rice fields and mountains. This magical man, Akita San, embodied everything great about the land his mother had named him after. He was Akita embodied in a person.
As Akita San guided us around the mountain, pointing out sansai, buna trees, bear tracks, frog eggs, and an abundance of plants, I couldn’t help put feel peaceful. In fact, in all my journey’s I can’t remember visiting a place more peaceful than the early Summer Akita we encountered. Everywhere we went, mountains, lakes, onsens and even the food we ate and people we met radiated a warm synchronized energy.
Akita in the early summer is a Yutaka land. For the eyes it is a place of emerald rivers, raging waterfalls and more shades of greens then tars in the sky. For the stomach it is a showcase of Japan”s finest foods ranging from ji-dori, Akita Beef, homegrown rice, nihonkai fish, sansai and some of Japan’s best sake made with some of Japan’s freshest mountain water.
This issue of Paper Sky takes you on three guided nature walks around Akita.
The first course we have chosen is the Tomeyama walking course in Hachimori-chyo. On this walk you will be overwhelmed by the beautiful buna trees, and if you feel up to the challenge can pray beneath the mystic and beautiful Shirataki water fall. The second course takes you to Kakunodate- where the water is bluer than the sky. The amazing Dakigaeri Kekoku is a walk you will remember forever and you’ll be lulled by the beauty of the Mikaeri no Taki. After the walk be sure to stop by the snack shop for a super fresh dango and if you”re still hungry try out some of the jumbo sembei-tottemo natsukashi aji. For the third course we travel to Akita-shi Shokubutsu and Hana-Garden. This course is acutaly a great place to begin your adventure because all of Akita’s native plants are neatly labeled. When visiting the shokubutsu koen be sure to check out their wonderful collection of sansai.
All of the walks takes approximately 2-3 hours, and all the walks can be self guided or for a few extra yen you can hire a guide who will point out to you all the sansai and other vegetation that overwhelms the lush forests and woods.
Also, each walk is accompanied by a short feature on a person who represents both the specific area of the walk as well as Akita. The three people we have selected include a young Sake Kura owner and ex-manager of Hanaregumi, a female vice-president of a very unique supermarket that specializes in Akita area foods, and an itayazaiku who is keeping the minge tradition alive.
Besides the suggested courses don’t be scared to venture out on your own, as we did, and try hunting for your own sansai and picking your own jyunsai while riding in a jyunsai boat.
PAPERSKY #14 AKITA Nature Walk
 
» Editor’s Note バックナンバーリスト