詩人・白井明大展覧会「詩と暮らし展」

– 植物にしても、生き物にしても、人にしても、兆しであったり、ありのままの姿だったりが、見ていけば見ていくほどにくっきり見えてくる瞬間がある。鮮やかに心を打たれたりするようなことが、しょっちゅう起きている。そ […]

01/16/2014

– 植物にしても、生き物にしても、人にしても、兆しであったり、ありのままの姿だったりが、見ていけば見ていくほどにくっきり見えてくる瞬間がある。鮮やかに心を打たれたりするようなことが、しょっちゅう起きている。それを思いださせてくれるきっかけとして、七十二候があるのかもしれません –
『mammoth』暦特集にて、七十二候についてインタビューしている詩人・白井明大さん。1/17より神楽坂フラスコにて、白井さんの展覧会が開催されます。今回のテーマは「詩と暮らし」。二十四節気をもとに、2014年2月4日の〈立春〉から始まるカレンダー「歌こころカレンダー 自然 二〇一四」も販売される予定です。
「詩は、暮らしのさなかから生まれ、日々によりそいつつ、そこから飛翔し、言葉という、もうひとつの世界に現われます。そして、言葉という世界で、千変万化する自在な姿となりながら、なお、人が生きることと共にあり続ける、そういう詩を書きたいと思います」(案内文より)
詩と暮らし展
日時:2014年1月17日(金)~21日(火)12時~19時(最終日は17時まで)
会場:神楽坂 フラスコ
東京都新宿区神楽坂6-16 tel 03-3260-9055
*18日(土)はキャンドルナイトのため、展示は18時までとなります
詩/白井明大 お茶/茜や 花/花・マリアージュ うつわ/樹ノ音工房 家具/平安工房 空間構成/山下昇平 活版印刷/嘉瑞工房
□茜やのお茶 18日(土)と19日(日)
□キャンドルナイト 18日(土)18時半~
お話と朗読/白井明大 灯/大與 燭台/須藤拓也
入場料/1500円(茜夜のお酒またはお茶+おつまみ付)
ご予約はフラスコまで →ご予約メール [email protected]
詳細はこちら:
http://www.mumeisyousetu.com/info/index.html
マンモスインタビュー|詩人 白井明大さん「七十二候は気づきのきっかけ」
http://www.mammothschool.com/2014/01/akehiro-shirai/