カリフォルニアの旅のパートナー・熊谷隆志

ビートニクやヒッピーカルチャーの発祥の地でもあるカリフォルニアに、Paperskyが誘ったのはスタイリスト・フォトグラファーの熊谷隆志(no.25)。カフェや食堂、サーフィンスポットなどを巡りながら、熊谷さんは次々とおも […]

12/10/2009

ビートニクやヒッピーカルチャーの発祥の地でもあるカリフォルニアに、Paperskyが誘ったのはスタイリスト・フォトグラファーの熊谷隆志(no.25)。カフェや食堂、サーフィンスポットなどを巡りながら、熊谷さんは次々とおもしろいものを見つけてくる。街角では帽子屋に入ったかと思えば、小さいバッグを手にし、キッチンタオルなどもいつのまにか見つけている。「いいものがすぐ目に入る人だ」とルーカスが話すように、こういう人は一緒に旅して楽しい。特集の最後には、サーフィンの聖地であるフォートポイント、マーヴェリックス、スティーマーレーンを訪れた。熊谷さんの撮ったサーフスポットの写真は、彼がカリフォルニアの旅を楽しんでいたことを表すかのように、最高の仕上がりとなっていた。
『PAPERSKY No.25』カリフォルニア特集号(2008年4月発行)
【プロフィール】
1994年、スタイリストとして活動開始。1998年、レイク・タホ名義にてフォトグラファーとしても活動を開始。また自身のブランド「GDC」をスタートし、洋服のデザイン・ブランドに関するすべてのディレクションを担当する。2008年、レイク・タホ改め、熊谷隆志(本名)にて活動中。
www.takashi-kumagai.com